[日々雑感]差別と排除を策動する者達の醜い情念〜中華街飲食店への怪文書と私宛への怪文書から思うことなど〜

kaiinkaku tweet 20200304

** 横浜中華街の広東料理店「海員閣」に届いた中国人を差別・中傷する差出人不明の怪文書–Twitterに投稿された「海員閣」tweet

新型コロナウイルスの世界的な蔓延に伴い、2020年3月下旬の現時点、感染者数が激増しているヨーロッパやアメリカで、アジア人だとういうだけで差別感情を向けられ、暴行事件まで起こっていることが報道されている。日本国内でも感染源とされる中国人への差別的な言辞も多数報道され、その中でも、横浜中華街の複数の飲食店に、中国人を誹謗し、中傷する文書が入った封書が届いていることが判った* **。この様な陰湿且つ卑劣な行いをする者は極少数の心無い人間に過ぎないと思いたいところだが、民族差別・排外主義を扇動する者達、所謂、「ネット右翼(俗称:ネトウヨ)」のインターネット上の差別投稿は固より、一時期に比べて参加者は少なくなったものの、愚かな彼らの路上での街宣行動・示威行動を見るにつけ***、日本国内でも民族差別・排外主義者の猖獗が憂慮される。

* 「横浜中華街ヘイト封書 飲食店組合、県警に被害相談」『毎日新聞』2020年3月7日配信記事
*** 「都内で中国人排斥デモ 新型肺炎口実に極右団体」『神奈川新聞』2020年3月1日配信記事


横浜中華街の飲食店への匿名の差別文書が送りつけられたのは3月3日、そして、私もここ数年、3月になると否が応にも思い出してしまう嫌な経験がある。
斯く言う私にも、2013年3月6〜7日頃(正確な日付は失念した)に、私個人を誹謗・中傷し、精神障害者への差別感情丸出しの差出人不明の怪文書が郵送されてきたことがあり、横浜中華街の飲食店への差別怪文書を見て、フラッシュバックした(トラウマになっている)のであった。

私宛に届いた怪文書がこれである。

anonymous document(trimming)

差出人不明の封書の中に入っていた文書

この様な怪文書を受け取ったのは初めてだったので、不快感、嫌悪感、不気味さ…何とも表現し難い不愉快極まりないもので、匿名でこの様な文書を送り付けてくる卑劣この上ない輩に怒りが込み上げた。そして、この卑劣漢は誰なのかすぐに察しがついた。

私の自宅住所を知っている人間は限られている。

年賀状をやり取りする親戚や知人、遠方や郷里の古くからの善き友人が、仮に冗談・悪巫山戯だとしても、この様な嫌がらせ・差別的な怪文書を送り付けて来ることなど考え難い。

また、文面の「この一丁目には相応しく無いよ」の意味が不明で、もしかしたら、集合住宅の住人、近隣の住民の誰かか?と思ってもみたが、封筒の表書きの写真で、モザイクをかけていない住所表記「東1-」は、正確には「東町1-」とならなければならず、「1-」は文面にある様な「1丁目」ではない(過去の町名にもない)ので、こんな間違いを記すことも有り得ない。それに加え、封書の消印が銀座郵便局(銀座支店)となっている。銀座郵便局の受け持ちエリアはこのエリアで、中央区、千代田区そして港区と広範囲だが、私が住んでいる東京の城北地区ではない。近隣住民が、わざわざ銀座郵便局の取集するポストに投函するだろうか。

この怪文書を職場の或る同僚に見せたところ「“精神病患者・精神異常者”とか書いてあるけど、これってxxさん(私のこと)が昔、鬱を患っていたことを知っているからじゃないの?」と言われた。成る程。う〜ん、その可能性も考えられるわな…。

では、親戚・知人・友人、近隣住民の方々以外で私の自宅住所を知っていて、銀座郵便局の取集する近隣のポストに投函し、私が鬱を患っていたことを知っている、陰湿で悪意に満ちた輩は…?

こんな個人攻撃の誹謗・中傷怪文書が送られてくる様なトラブルらしいトラブルで考えられることは、2012年4月に私が、1年足らずで不当解任された元事務局長T氏の退職強要に抗議の声を挙げたことだ。それ以降、私に対して悪感情を抱き、陰湿な監視を続け、精神障害者への差別言辞を平気で吐く様な輩と言えば、彼奴****またはその手駒供に間違いないだろう

**** 此奴は生業として障害福祉に携わる者とは思えない人権感覚の欠落した人物で、或る日、中国人への差別的な侮蔑発言を公の場で吐いた時には我が耳を疑った。

法的対抗策含めて、友人の弁護士に「こんなものをもらったがどうしたらいい?」と相談したところ(この友人もかつて怪文書を撒かれたことがある)、民間の指紋照合サービスがあるから、そこに依頼してみては?とのアドヴァイスをもらったが、費用が高額であったこともあり、また、こんな卑劣漢に振り回され、平穏な日常を害されることも馬鹿馬鹿しいと感じたので、とりあえず様子見しつつ、無視することにした。しかし、そのお陰で、暫く陰鬱な日々を過ごすこととなった。

そして、この出来事がその後の予兆だったのかどうか判らないが、約1ヶ月後の2013年4月1日、月例職員会議(協会事務局では「事務局調整会議」と呼ぶ)で、労基法無視の就業規則変更を行ったことに私が抗議したところ、事務局長(当時は事務局次長)の末吉の暴行・パワハラ・他職員のいる中での吊し上げが行われ、当時の事務局長のI氏がそれに加担し、私への人格攻撃発言を連発するという事件が起こった。

因みに、これ以後、この様な怪文書は送られては来ていない。それもまた、差出人は此奴に違いないという確信に繋がるのだが。

誤解の無い様に言っておくが、この怪文書の差出人の調査は今のところしていないので、“誰が”という証拠は無く推測の域を出ない。しかし、調査はいつでも行えるように、この胸糞悪い封筒と手紙は汚損・滅失しないように厳重に管理している。


首題に戻ると、日本の差別・排外主義者グループは、欧米でアジア人への差別・暴行事件が起こっている*****ことをどう捉えているのだろうか。排除の思想は何れ自らの首を締め上げることになる。人間の存在価値の有無に線引きをする優生思想も然りである。
尚、「××主義」「〇〇思想」と便宜上書いているが、差別・排外主義者、ネット右翼(俗称:ネトウヨ)、オルタナティブ・ライト(オルトライト)…呼び名は様々だが、彼らの行動原理は「主義」「思想」などと呼べる様なものではなく、現代の社会病理現象であるというのが私の持論だ。

***** 「米ではアジア系住民への差別が深刻化 新型コロナ感染拡大で」NHK NEWS WEB(2020年3月25日 6時31分)

社会学者のC. W.ミルズは、「人間と社会を整序して理解するためには、理解を可能にする様に単純で、しかもそのなかに人間の多様性の広さと深さとを包含させるほど包括的な立場を構築することが必要とされる」としながらも、「現代人の根底にある動向はよく知られている。巨大な合理的組織──ビューロクラシー──は発達したけれども、個人の実質的な理性は概して成長していない。その日常生活は限られた私的な状況に埋没したままであり、一般の人々はその状況を支配している巨大な──合理的または非合理的な──構造を理性的に考えることができない」と現代人の在り様に悲観的な見方をしつつ、個人と歴史、社会構造を切り結ぶ力、社会学的想像力の必要性を社会科学者・社会学徒(知的職人)に説いた。── C. Wright Mills(著)『社会学的想像力』紀伊國屋書店 1965年

差別や排除をする輩の実際を知っているので、彼らの知性や合理性に働きかけるのはかなり絶望的なことだとは思うが、何とか社会病理現象下にある不安な個人の感情を歴史、社会構造(文化)に、適切に結び付ける良い方法は無いものかと(かつて社会学徒であった私は)思案し、新たな社会福祉的支援が必要ではないかと考えている。
疫病蔓延によっていつ非常事態宣言が出されるかわからない。ヘイトスピーチや差別・排外主義者のデモ、醜い情念に駆られた差別文書のばら撒きに留まらず、ヘイトクライムとなる危うい情況が何時訪れるかわからない。

さて、最後に、新型コロナウイルスで営業的ダメージを負っている横浜中華街の飲食店の皆さんに対する卑劣な一部の人間による差別・排除扇動は許し難く、ヘイトクライムに繋がりかねない恐怖に苛まれている当事者の方々のその辛さは、私自身の経験からも胸中を察するに余りある。これまでの様に賑わいのある横浜中華街の繁栄と、多文化共生・インクルーシブな社会を願う日本人は多数いるのでご安心を、とお伝えし、差別や排除をする様な輩に負けないで!とエールを送りたい。

…The end

[日々雑感]差別と排除を策動する者達の醜い情念〜中華街飲食店への怪文書と私宛への怪文書から思うことなど〜」への4件のフィードバック

  1. トンデモない手紙ですね。匿名での誹謗中傷にとどまらず障害者蔑視と排除の主張。ヘイトそのもの。二重三重の差別で許しがたい。もしこの送り主が職場の人間だとすると、日本知的障害者福祉協会は似非福祉団体ということに他なりません。

    いいね: 1人

    返信
    1. jaidunion 投稿作成者

      コメントありがとうございます。
      いやー、気分悪かったですよ。しばらく、落ち込みましたね。
      今でも茶封筒に宛名がラベルシールの封書が届くと、ウッもしや…と思ってしまいます。

      こんなことをする奴は、これまでの経緯から誰なのかはすぐにわかりましたが、状況証拠だけなので、誰とは言えません。
      仮にこれが福祉に関わる人間の仕業だとすれば、怒りというか、何と哀れで悲しい人間か…と、言葉になりません。

      いいね

      返信
  2. 私たちの組合ブログにも差別用語満載の汚らしいコメントが相次いだことがあります。コメ主は職場の人物でした。Yahooブログが閉鎖されて今のブログにコメントは移行されていませんが、本当に嫌でしたね。組合員を誹謗中傷する匿名の手紙が届き、あろうことか管理者がその手紙に基づいて当該組合を金銭を扱う係から外したこともあります。後者は撤回、原状復帰させましたが、悪意のコメントは今後もありうるかもしれません。福祉マインドとはかけ離れた人間がこの仕事をしているのは事実。その人物のパーソナリティの問題もありますが、職場の雰囲気が影響する部分が大きいと思います。そして職場の雰囲気、風土は管理者が作っていくものですよね。

    いいね: 1人

    返信
    1. jaidunion 投稿作成者

      「なんくるブログ」さんの過去記事で見たことがありますからわかります。不愉快千万です。
      職場の雰囲気、企業風土が問われるのということは同意です。組織のトップがアレだと、職場の空気は一気に悪くなりますね、経験上。言うまでもなく福祉協会事務局もそうです。
      それにしても、何か言いたいことがあるなら、正々堂々と実名で言え。匿名でしかこういうことができないのは卑劣以外のなにものでもありません。

      いいね

      返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中